NPO法人 IBDネットワーク

このサイトは潰瘍性大腸炎とクローン病の患者会の全国組織である、NPO法人IBDネットワークがNPO法人健康と病いの語りディペックスジャパンの許可を得て作成したものです

トップ

潰瘍性大腸炎の語り

薬による治療の効果と副作用

潰瘍性大腸炎の基本基準薬としては、5ASA製剤と言われる、ペンタサ、サラゾピリンそして最近開発されたアサコールなどがあります。5ASA製剤は、副作用が少ないために、一般的には軽症の場合と寛解維持のために使われます。重症の炎症を抑えるための薬としてはプレドニンなどのステロイド薬がありますが、長期に使うとさまざまな副作用がでることが多く、最近は寛解維持のためには使わないようになりました。そのほかには免疫調節剤としてイムラン、ロイケリン、あるいは生物学的製剤としてレミケード、ヒュミラなどがあります。人によっては強い副作用が出る場合もありますが、治療薬の選択肢が増えたことにより手術を回避することができたという患者もいます。

殆どの人がストロイド(プレドニン)による治療とその副作用について語っています。ストロイドを離脱して他の薬に移行した方や、なかなかステロイドを離脱できずに副作用にくるしんでいる方など、多くの方がステロイドの功罪について語っています。

ここでは主にステロイド以外の薬の効果や副作用について語っています

このウェブサイトは、潰瘍性大腸炎とクローン病の患者会の全国組織であるIBDネットワークが作成したものです。
すべての映像・音声・画像・およびテキストについて、無断改変・無断転用・無断転載を禁じます。

Copyright (C) NPO法人IBDネットワーク All Rights Reserved.